アメリカン・スリープオーバー / The Myth of the American Sleepover

『アメリカン・スリープオーバー』予告編(日本語字幕付き)

穏やかに。平穏に。その中で見える若者の内に秘めるパワーと上手くいかないもどかしさ。何者かになりたい願望。人から遅れたくない。あの子とどうにかなりたい。そんないろんな感情が沸き起こる中で、通過儀礼を通して、少しずつ大人に近づいていく。

お、なんとなく、それっぽい文章になった。

のはどうでも良いとして、ティーネイジャー青春映画としては、ド派手にバカさ全開のコメディでもなく、しっとりと甘酸っぱいキュンキュン物語でもなく、ただただ、あの頃の、なんとも言い難い、何にも代え難い感情を静かに思い起こさせてくれる。そんな映画。

若干ネタバレありつつ参りますので以下ご注意を。

 

スポンサーリンク

概要

基本情報

2010年 アメリカ

監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル(David Robert Mitchell)

キャスト:
クレア・スローマ(Claire Sloma)/ マギー
マーロン・モートン(Marlon Morton)/ ロブ
アマンダ・バウアー(Amanda Bauer)/ クラウディア
ブルット・ヤコブセン(Brett Jacobsen)/ スコット
ニキータ・ラムジー(Nikita Ramsey)/ アビー姉妹の1人
ニキータ・ラムジー(Jade Ramsey)/ アビー姉妹の1人
アネット・デノヤ(Annette DeNoyer)/ ベス
ワイアット・マッカラン(Wyatt McCallum)/ マーカス
メアリー・ワーデル(Mary Wardell)/ ジェン
ダグラス・ディエドリック(Douglas Diedrich)/ スティーヴン
デイン・ジョーンズ(Dane Jones)/ エマ
シェイラ・カラン(Shayla Curran)/ ジャネル
ドリュー・マカック(Drew Machak )/ アンディ
マディ・オルティーズ(Madi Ortiz)/ 食料品店の女の子
エイミー・サイメッツ(Amy Seimetz)/ ジュリー

解説・あらすじ

『イット・フォローズ』で脚光を浴びたデヴィッド・ロバート・ミッチェルが監督を務め、ある夏の出来事を描く青春ドラマ。アメリカの「お泊まり会」という非日常を味わえるイベントをテーマに、思春期の少年少女たちの揺れ動く心模様を鮮やかにすくい取る。『イット・フォローズ』にも出演したクレア・スロマが主人公を好演。夏の終わりの物悲しさと共に描かれる、青春時代の切ない時間が琴線に触れる。

受賞歴

2 wins & 6 nominations.

 

ふらふら漂って、見つけていく

青春時代って、全然何にも知らないくせに世の中のこと全部わかったような気になっていたり、何も考えていないようで実は子供(というか子供と大人の間)なりに必死に考えていたり、肉体的にも精神的にも思想的にも全てが中途半端であやふやでふらふら漂っていた。ふと思う。

なんか、魚座っぽい。

いや。特にそういう方面に明るいわけではないけど、魚座って曖昧な状態を漂うってよく占いなんかで言われるもので。なので、魚座の人が見たら論理的にではなく直感的に何かを感じる可能性が高いかもしれない。と、適当なオススメをしてみる。

それはどうでもいいとして。女の子との会話、男の子との会話、そのぎこちなくて、どことなく気まずいような、あの揺らいでる感じ。心の奥でモヤモヤしている何かをぶちまけたいような、でもどう表現したらいいのかわからないような、あの揺らいでる感じ。その辺の若者特有のゆらゆら不確かな感情を上手いことコントロールしたなと思う。

全てがうまくいくとどこかで思っているはずなのに、全然思い通りにはいかない、そこが素晴らしく良い。望んでたものではないけど、結果オーライで成長できるならばそれで良し。そして、結構どうしようもない奴しか出てこない。他人の彼氏にちょっかい出したり、一目惚れした女の子を捜し求めたり、過去にすがって双子を追い求めたり。でもまぁ、

ティーネイジャーなんてそんなもんよ。

自分と向き合い、他者と向き合う。その中で失敗して、何かを学んで、次に行けば良い。

 

夏の終わりのお泊まり会

“sleepover” とgoogleで検索すると、google翻訳では「外泊」と出てくる。「外泊」って大人っぽい言い方だけど、本作を見るとわかるように、子供たちが他の家に泊まりにいくような、要は「お泊まり会」の方がニュアンス的には近い模様。寝袋持って、友達の家に泊まりに行くと。

本作の女子陣のお泊まり会ではなかなかの大人数でそれなりのイベントだったよね。結構洋画だったり海外ドラマではこんな様子が描かれていたりする。夜に出歩いてみたり、女子のお泊まり会を覗いてみたり、近場の少し年上の人たちのパーティに混ざってみたり、出会いの場なんかに行ってみたり。うん。

めちゃめちゃ楽しそうじゃないか。

修学旅行のあのそわそわした感じを思い出すよね。みんなで夜更かしして先生にバレないようにちょっと外に出てみたり女子との会話を楽しんでみたり。

と言っても、全体的にはかなり控えめな青春映画。ぽーんと飛び出す何かがなくて、正直、印象はそんなに強くない。淡い恋と言えばそうなんだけど、ただの下品なコミカル感満載のうんこちんこ映画にはせずに、大人の階段の象徴セックスもなければ青春映画定番のプロムもない。

ただただ夏の終わりのお泊まり会。

好きな人にはそういうのがたまらないのかと。

 

役者陣

キャストの一覧を見るとわかるように、メジャーな人を使っているわけではない。どうやらほとんどプロですらない模様。でも、それが功を奏して青春時代の若者をなんとも良い感じの気取らない自然な演技になっている。僕は演技のことはあんまりよくわからないけど。

いまいち顔と名前が一致しないのだけど、個人的に1番誰が良かったかと言えば、

演技とかじゃなくて見た目の話ね。ロブが追いかけ回していたあの女の子。

いい感じ。演じた人の名前はMadi Ortizで良いのかな?

Ortiz

女豹のポーズ。

 

ということで

曖昧なライトな青春映画、アメリカンスリープオーバー。過去に戻りたければ本作を。

青春映画で好きなのは、バッドチューニング。

バッド・チューニング / Dazed and Confused
概要 基本情報 1993年 アメリカ 監督:リチャード・リンクレイター(Richard Linklater) キャスト: ジェイソン・ロンドン(Jason London)/ ランドール・”ピンク”・フロイド ウィ...

地元の人をキャスティングしてグランドホテルの映画で言えば、エレファント。

エレファント / Elephant
概要 基本情報 2003年 アメリカ 監督:ガス・ヴァン・サント(Gus van Sant) キャスト: ジョン・ロビンソン(John Robinson)/ ジョン アレックス・フロスト(Alex Frost)/ ア...

なんかもおすすめです。

コメント